TOPICSトピックス

2021年の立春の挨拶は2月3日ではなく2月4日でいい?その理由とは?

  • お知らせ
  • 風水
  • 風水の基礎知識

2021年の節分祭は124年ぶりに2月2日

NHKニュースなどでも、2021年の節分は1897年以来、124年ぶりと書かれています。そう、節分は2月2日となります。
節分とは文字通り、「1年の節目」。東洋系の占いは四柱推命も風水も、立春を始まりとして鑑定をすることが多いので、私も立春に「明けましておめでとうございます」という占い師あるあるを毎年しています。
その前日、つまり運命上の大晦日にあたるのが節分というわけです。「鬼は外、福は内」ということで、鬼=厄払いをして、福の神と一緒に年を越しましょうという行事ですね。

しかし!立春のご挨拶を2月3日にするのは間違い!?

節分が2月2日なら、立春は2月3日のはず。その通りです、立春は確かに2月3日なのです。が・・・ちょっと暦を見てみましょう。

占術家の使う万年暦や和暦の掲載されている暦を確認

わかりますか? 正確に言うと2月3日23時59分からが立春です。つまり、2月3日の日中はまだ前年の2020年となるんです。ですからみなさんがもし立春の挨拶をするとすれば、一夜明けた翌朝、2月4日でいい、と私は思うのですがいかがでしょうか?

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら