TOPICSトピックス

賃貸住宅サービス「Beautiful Owners」風水連載記事/キッチンの風水環境

  • インテリア風水
  • 風水

現役ナースの風水師 中西美抄です。
サルのイラスト”ちんさくん”でおなじみの「賃貸住宅サービス」さん発行の『Beautiful Owners』で風水記事の連載を書かせていただいてます。

第六回のテーマは「キッチンの風水環境」

キッチンは、風水鑑定において重要な3ヶ所のうちのひとつです。
陽宅三要と言われる住居にとって特に重要な場所で
「門」=玄関
「房」=寝室
「炉」=キッチン
この3つの場所を優先的にチェックしていきます。

火と水 相反する気が同居する場所は気が乱れやすい

そもそもキッチンは、「火の気」の性質を持つコンロと「水の気」の性質を持つシンクが同居している場所です。
五行論でいう火と水の関係は、火が水を剋す相性の悪い関係です。ですからすぐに気が乱れてしまう場なのです。整理整頓や清潔に掃除ができていること、そしてインテリアや小物選びで空間の気を穏やかに巡らせることが大切になります。
キッチンをチェックすると、その家の「家庭円満」「健康運」「金運」がみえてきます。

家庭円満のポイントは「清潔なシンク」

シンクに使った食器が溜まったままになっていたり、不要なものから発するマイナスエネルギーによってキッチンの気を乱し、夫婦ゲンカが増える傾向があります。
洗い物は30分以内に片づけるようにして、シンクをいつもピカピカな状態にしておくと、イライラや口論からケンカに発展するのを減らすことができます。最近ちょっとした口ゲンカが増えたなと感じる時はチェックしてみてくださいね。

健康運のポイント「温かみ」「使わないものは処分」

料理を作る場所が、寒くてカラダの冷えるような環境になっていれば、料理を作る人の腎臓や膀胱、腰など身体的に問題が起こりやすいだけでなく、冷たい気持ちになったり落ち込みやすくなったり精神的にも影響が出やすくなります。インテリアには温かみのある木製の素材や、暖色系のカラーを使うといいでしょう。キッチンには寒色系カラーは使わないのが風水の基本です。視覚から入ってくるもので温かみを感じられるように工夫しましょう。

賞味期限切れの食材=エネルギーが弱くなった食品です。冷蔵庫の中に賞味期限切れのものがたくさんあれば、気が淀んでしまい病気の原因になりかねません。他にも使っていない食器や引き出しの奥にもぐりこんだキッチンの便利アイテムなど、使わないものをため込んでいることを私たちは「運気のメタボリック症候群」と呼んでいます。メタボはちゃんとダイエットして気を巡らせるようにしましょう。

金運のポイントは「金属類はピカピカに磨く」

排水溝の汚れや詰まりで流れを悪くすると、お金の流れも悪くします。「金は天下の回りもの」とどまる事のないように流れよくスムーズに水回りはいつもきれいな状態にすることです。蛇口やシンク、コンロのゴトクなど金属類がキレイに磨かれたキッチンが金運アップのポイントです。もともと輝きのあるものは曇らせないようにして、ピカピカな状態を保てるように心がけましょう。また、錆びて切れない包丁を使っていると金運が下がってしまうのでいつも切れ味よくして使いましょう。

最後に、料理は作っている人の感情も一緒に調理されるという事を覚えておいてください。楽しい気持ちなのか、イライラして嫌々作っているのか、その感情が「気」です。良い気(エネルギー)の入った料理を食べられるように、食材や、食器、家電、インテリア、目にするもの全てを美しく、楽しい気持ちでいられるキッチン環境を作りましょう

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら