TOPICSトピックス

ビジネス運・金運の上がる財布/スタイリッシュ風水

  • ビジネス風水

 

 

新しい財布が届きました。

手前が今使用中の財布、奥が新しい財布。

・・・同じもの、色違いです。

O

 

 

ビジネス風水士の宙SORAです。

ビジネス運を上げるなら、
ビジネスの場にふさわしい服装やアイテム、
言葉深いや所作が大切ですね。

教養やマナーなどは
知っておいて損することはありません。

私の場合、契約するかどうか
相手のある場所をチェックしています。

どんなにスゴイ話を聞いても
そのいくつかをチェックすると
その人が本物かどうか見抜くことができます。

特にビジネスの場では
相手がさも成功していそうに話していても
本当はそれほど事業は上手くいっていないな、
ということが分かります。

どんなに取り繕っても、
本物でなければメッキは必ず禿げますので。

そのひとつが財布。

お茶を飲んだり食事をした後のお支払の場面で
相手の財布をみることができますね。

その時にどんな財布を持っているか、
大切に使っているかなどで
その人の人物像が分かります。


▼折り曲げ財布

成功している経営者さまで折り曲げ財布を持っている人は
ほとんどいません。
札が降り曲がらない長財布が基本です。

▼ヨレヨレの財布
これは経営者さまでも時々見かけますが、
あまり好ましくありません。

財布は私たちの生活を支えてくれたり、
旅行や食事などさまざまな経験をさせてくれる
神様のようなもの。

古代中国では食物=神と考えていましたから
その食物を購入できるお金も神様なのです。

伊勢神宮でも遷宮して新しい社(やしろ)に神様をお迎えします。

私たちも新築に入居するときはワクワクします。

それと同じように、お財布も定期的に新しいものにすること。
(目安としては3年に1度。私は1〜2年で買い替えています)

▼色は「黒」がベスト。次いで「こげ茶色」
実は写真の財布。
手前が赤茶色で奥は外側が黒です。

なぜ買い替えたか・・・。
私の失敗談をお話しましょう。

2年前この財布を見つけたときに、
とても気に入りました。

ところが黒とこげ茶が売り切れたとのことで
どうしても気に入ったのでこの赤茶色を購入。

結果・・・・昨年の出費は相当なものでした(笑)

もちろん東京・大阪オフィス&自宅の同時移転も
ありましたので想定内ではあったのですが。

▼整理整頓できていること
ビジネスの場で財布を出すシーンは多いものです。

相手がパッと財布を開いた時、
お札と領収書が交互に入っていたり、
ポイントカードのようなものがパンパンに入っている人は
あまりビジネスがデキるようには見えません。

財布の中にも風水。

スッキリと整理整頓することで、お金にとって居心地のよい
環境をつくるのです。

▼新札をつかう
私は常に新札を使います。
おつりで頂いたお札は使わず銀行で両替します。

財布を買い替える理由は、
「他人の気が入ることを嫌う」からです。

どんなライフスタイルの人が持ったお札かがわかりません。
良い気の人ばかりとは限らないので
見た目の状態がいくら綺麗でも、
見えない「気=念」は避けようがありません。
(霊感のある人なら別ですが(笑))

少し手間がかかりますが、
この小さな手間が財布=お金の家の運気を保ってくれるのです。

ほかにもたくさんありますが、
長くなってきたのでこの辺で。

宙SORA

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら