TOPICSトピックス

2015年の計画

  • ビジネス風水

ここ数年、毎年8月になると
翌年のスケジュール帳を購入します。
wpid-dsc_8671_1.jpg

この時期に来年の予定が入り始めるからです。

風水講座の依頼を、
入るがままに任せていると
私の1年はあっという間に終わってしまいます。

【年間200講座をこなしながらも海外に何度も行ける人生】
にするには、
1年が始まる元旦の「6ヶ月前」からの準備がベスト。

理由は3つ。
1. 何よりも先に旅行などの大きいイベントの日程を決める
「来年はハワイに行きたい」と思ったら
まず来年のスケジュールを、自分で自分にアポを取るのです。

ほlかにも、「毎月1回講座を開催したい」と思ったら
今のうちから毎月何集週目の何曜日に開催するかを決め、
自分に仮予約するのです。

旅行の日程の場合、私は奇門遁甲(きもんとんこう)という
吉方位を事前に鑑定し、たとえば
沖縄開催のプロ風水士養成講座の日程を決めています。

2. スケジュールの空き具合が一目瞭然でわかる
仕事ばかりしていては、人生の成長速度はゆっくり。
「来年はどんな知識や技術を身に付けるか」を
事前に計画します。

習得というのは何も セミナーや講座に通うことだけではありません。

友人やお客さま、ビジネスパートナーといった
人脈を増やすことも売り上げをあげるにははずせない時間。

そこにどれだけの時間を割けるかという計画を立てます。
(この時間が少なければ、売り上げは据え置きか徐々にダウン)

また、参加回数が決まるので、予算も立てられます。

外出するだけではありません。
読書をする時間、ブログを書く時間なども
自分にはどのくらいあるのかを把握することができます。

3. 売り上げの予測が立つ(一番の目的/事業計画)
一度このように来年の1年間を「仮決め」してみます。
そうすれば、大体の年間の売り上げ予測が立ちます。

その数字を見て、そのままでOKなのか
それとも望んでいない数字なのかを検証することができます。

つまり計画の見直しができるのです。

年が明けてから「今年の豊富」を考えるのでは遅いと思いませんか?
そういう人は1月、2月を無駄にすごしがち。
12ヶ月しか無いのに2ヶ月も無駄にしてしまうのです。

私はA5サイズのマンスリー型です。
つまり12ページで1年完結。
ウイークリーでは全体把握ができないので
マンスリーを愛用しています。

ただし、Googleカレンダーも同じように活用しており、
そちらは「バーチカル」と「マンスリー」を切り替えてチェックしています。
1日に10アポ近く入ることもあるので
バーチカルスタイルも役立っています。

ビジネス風水士 宙SORA
http://happy-sora.com

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら