TOPICSトピックス

風水の神髄はラッキーカラーや方位よりも「土地選び」にある

  • ビジネス風水

2018年7月上旬、全国的に
「数十年に一度レベルの大雨」に見舞われています。

私の住む大阪も、
両親のいる香川も
安心できない状況です。

これを投稿している7月7日(土)は七夕ですが、
朝から死者、行方不明者が数十名いるとの報道。

お亡くなりになられた方、
住居や自動車を失った方など
お悔み申し上げます。

日本における風水の社会的地位は本当に低く、
ラッキーカラーや吉方位といった
おまじない、ラッキーアイテムのように
思われがちですが、

風水師として最も腕を磨くべきなのは
「吉相地選び」。

風水は環境学ですから
繁栄はもとより、
安全な土地を最優先に選び抜きます。

もちろん歴史上にも
奈良の平城京、京都の平安京をはじめとした
風水都市がありましたが、
完璧な風水ではなかったことにより
さまざまな問題が起こったりと、

国家クラスの風水師でも
未来予測は難しいものです。

【価格より安全を優先して土地を選ぶ】

それでも、
「安いかどうか」よりも
「安全かどうか」という基準で
住む家を決めることは
大切ではなかろうかと思います。

それでもここ10年程は
「観測史上最大」とか
「記録的な豪雨」
などというフレーズが頻繁に聞かれます。

風水師が探した土地でも
絶対安全を約束するものではありません。

ですが、風水は元々都を作るための学問。
王を守るために安全な土地であるのです。

何も知らないよりは
どういう土地が風水的に良いとされているか
知っておけば参考になります。

「警報」や「避難指示」、
「避難勧告」「特別警報」・・・
こうした言葉には決して慣れないで欲しいのです。
これも運勢と同じように
「未来予測」のひとつですから。

占いも、悪い予測は
当たらないほうが良いよいうに、
最悪の事態は起こらないことが
望ましいです。

【不動産価値と風水的吉相地の関係】

私は不動産的目利きも大切にして欲しいと思う風水師です。
不動産的価値と風水的価値は
合致することも多いからです。
しかし、風水的には凶相地でも
●駅から近い
●病院やショッピングモールがある
などの理由で、土地価格が高い場合もあります。

私たち風水師は
●不動産的に価値はあるか
●将来的にも繁栄する街か
だけでなく
●安全であるか
を最優先に判断しています。

専門用語として
「龍穴砂水向」(りゅうけつさすいこう)
という順に、土地の良し悪しを判断しています。

ザクっと説明すると
●その土地には気が流れて来ているか
●あったとしても気は流れてしまわないか
●安全か否か
という感じです。

【まとめ】

これからの時代は
世界的な天候の変化が予測されています。

日本では人口が減っても、
世界では爆発的な人口増加です。

AIの人工知能の劇的な進化や
インターネット環境を含め、
ありとあらゆる「環境」が変化していきます。

私は土地だけでなく、
「環境すべて」を想定しながら
どう生きていくのかを
真剣に考えていかなくてはいけない時代に入ったと
感じています。

私も借金4000万円から
自己破産せずに這い上がりました。

どうか多くの財産を失った方も
諦めずに乗り越えてください。

神様は
「乗り越えられない試練は与えない」
といいます。

私も負債から経営者になった経験を活かし、
今は個人事業主として
無一文から事業を軌道に乗せるまでの
ゼロワンコンサルが生業になっています。

きっと道はありますから、
心より応援しております。

宙SORA

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら