TOPICSトピックス

雪の総社 滋賀県の白鬚神社(しらひげじんじゃ)

  • ツアーレポート

新しい「お神札」(おふだ)と交換するために

コロナ自粛でここ2年程、不要不急の外出をしてないのですが、全国の白鬚神社の総本社である、滋賀県の白鬚神社に行ってきました。
夜には仕事がはいっていましたが、大阪から日帰りで行けるので、奇門遁甲の吉方位を使って出発。最寄り駅の時計は朝6時すぎです。

・・・雪?!

京都を過ぎたあたりから、車窓から見える屋根や田畑にチラホラ雪が。次第にこんな景色になっていきました。

近江高島駅に到着。ホームもしっかり積雪です。ほうじ茶がアタタカイ。

駅にはタクシーが待機していないことが多いので、タクシー会社に電話して待つこと約15分。
最寄駅から白鬚神社までは約3.6キロ。季節が良ければ散歩気分で歩くこともあるのですが、交通量の多い国道の雪道をはちょっと危険。

タクシーなら10分ほどで到着。

新しく展望台が設置

2021年12月に展望台ができたと聞いていました。
琵琶湖に浮かぶ湖上の鳥居を撮影しようと、道路を渡る人が絶えなかったので、この展望台があれば、安全に撮影できますね。


【藍湖白鬚台】

展望台から右を見ると、眼下に拝殿が見えます。現在8時半。9時になったらご祈祷を受けます。

国道161号沿いにある本殿前の鳥居へ。

近江最古の大社「白鬚神社」(しらひげじんじゃ)

少し雪が降った後、一気に晴れてきました。

余談:「ひげ」には「鬚」「髭」「髯」と3つの漢字がある!

つい「しろひげ」と言ってしまうのですが、正しくは「しらひげ」です。
その「ひげ」ですが、なんと漢字が3つ。
1.鬚=あごひげ
2.髭=くちひげ
3.髯=ほおひげ

ご祭神は白いあごひげを蓄えた老人の姿である猿田彦命ですので「鬚」の字なんですね。

祈祷を追え、授与品の中に絵馬があったので、まもなく出版される風水本のヒット祈願を。

本殿参拝後、境内にある10柱の上の宮へ

本殿の参拝と祈祷を追え、晴天のなか、裏手にある摂末社へ。
お社は
・伊勢両宮(天照皇大神宮・豊受大神宮)
・八幡三社(加茂・八幡・高良)
・天満神社
・波除稲荷社
・岩戸社と
・寿老神社
・弁財天社
の計10柱

余談

祈祷を終えたあと、少しだけ神職さんと談話。
「以前もお越しになられてましたよね?」と言っていただき、少しでも覚えてくださっていたことが、なんだかうれしかったです。
ちょっとしたご縁から、我が家にお神札をお祀りするようになり、大好きな神社のひとつです。
風水師としても、人の相談に乗り、みなさんの人生・運勢を判断してお伝えする以上、道開き=方向性を示す猿田彦命に、勝手にご縁を感じています。
コロナでバスツアーが中止となりましたが、またいつの日か再開できればと願っています。

 

 

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら