TOPICSトピックス

“ベランピング”でスタイリッシュ風水を楽しむ

  • ビジネス風水

外出自粛をどこまで楽しめるかを計画

外出自粛をどこまでできるかに挑戦し、30日が過ぎました。
(2020年5月27日現在、自宅マンションから一歩も出ずに34日目)

ニュースチェックしていると、グランピングならぬ“ベランピング”を楽しんでいる人たちがいると知り、我が家もすぐに取り寄せてみました。

“ベランピング”とは、ベランダ+グランピング。
“グランピング”とは、グラマラス(豪華な)+キャンピング。
 
要するに、ベランダを楽しもう!ってことですね。

引越ししてからも、年間200回の講座数があるため、なかなか自宅にはいられない人生でした。自称「自宅LOVERS」なので、マイホームがとっても好きな私ですが、自宅にいたいな~と思えば思うほど、大切だと思えば思うほど、自宅がパワースポットになっていくので運気がグングン上昇。お仕事が入るわけです(笑)

そして、いつの間にか忘れていたこと・・・。私の人生で憧れだったこと。それは、
“自宅から、いい景色を眺めながら食事をしたりアルコールを楽しむ”ことでした。

テレビを見て「!!」と気づいた私は今がチャンス!と準備してみました。

すごい巨大な荷物が続々と配達される

狭いベランダに大丈夫かな・・・と思いましたが、セットしてみると意外とコンパクトに収まりました。

まず最初は屋外用のテーブルと椅子だけ。・・・?何か寂しい。
床ですね、我が家は掃除のことを考えて、ウッドデッキにはしなかったので床がなんか寂しい・・・。

ベランピングは“洗えるラグ”で即グレードアップ♪

元々海外のオープンテラスやバルコニーの活用法が好きで、Instagramでいろいろなベランダの使い方をフォローして眺めていたんです。
そこで、ラグマットやクッションなどの使い方がいいな~って思っていたのですが、日本は湿度も高いし蒸し暑いから同じようにはできないかな~、と思っていました。
でも今回よい機会だったので、いろいろ調べてみたんです。
その結果こちらを購入。
インド綿100%の布を職人さんが手織りしているそうで、薄くて丈夫です。なんといっても洗濯機で洗える♪屋外使用のモノですから、ここが購入の決め手になりました。


 

朝食から夕食、バータイムも、春~初夏(きっと秋)も楽しめる

「なんでもっと早くベランピングしなかったんだろう」と思うほど、朝食は現在ほぼ外で食べています。食事だけでなく、こうしてブログやSNSを投稿したり、読書をするのにホント最適です。

窓からの景色は“ごちそう”~風水で開運物件を選ぶときのポイント~

以前、神戸にお住まいの70代の上品な女性宅を風水鑑定させていただいたときに、女性の方がおっしゃっていたセリフです。
私が「階数は低いのに、リビングから街が一望できて素敵ですね」と話すと、「そうよ、だって毎日見る風景ですもの。この年になると家にいることも多いでしょ。だから“窓からの景色はごちそう”なの」

このお話しを聞いてから、風水講座でこの言葉を使わせていただいてます。風水は環境学です。方位やラッキーカラーが風水ではないんです。それはそれで理気法風水なのですが、私は巒頭法(らんとうほう)の風水、つまり「住環境」こそが方位やカラーと同じだけ大切なんです。

考えてください。散らかった部屋にラッキーカラーのカーテンをつけたところで、開運するでしょうか・・・・?わかりますよね?環境学ですから、まずは素敵に快適に暮らせるスタイリッシュな住環境づくりが先、それができた環境にこそ、方位とカラーの効果が活きてくるのです。

余談:計算ミス・・・

シリーズで揃えたほうが美しいので、パラソルも同時に購入していました。ちゃんとネットでサイズを確認したのですが・・・・天井について開かない・・・・。よくよく見ると開く前のサイズしか明記されておらず、セットすることができませんでした。(ほぼ新品なので戸建ての知人に譲りました)

まあベランダは強風が吹いても危険ですし、パラソルはいずれにしても不要でした。
このテーブルや椅子はプラスチック製でとても軽く、風の強い日などは重ねたりすることができます。(テーブルが折りたためるモノもあるようです)台風の時などは室内に取り込んでおけるので安心です。


 

宙SORAへのご依頼・ご相談

風水コンサルタント・宙SORAは、風水、四柱推命、奇門遁甲・吉日、姓名判断などの各種鑑定、ビジネスコンサルティング、商品企画、住まいの設計監修、セミナー・講演会など幅広いご依頼・ご相談を年中無休で受け付けています。

ご依頼・ご相談はこちら

占いスクール「cofuku」で学ぶ

宙SORAが校長を務める占いスクールcofukuで人類最古の学問を学び、身につけた占術や知識を人生に活かしてみませんか?本格的で専門的な「本講座」をはじめ、初心者向けのカルチャー講座も開催中です。

講座お申し込みはこちら